First Step

全てはここから始まった!

A Journey with ぬいぐるみ

大丈夫、できるよ!

 

絶対何か良いものが書けると信じているから

絶対私の一番「痛い」ブログになるから

絶対私の一番「エモい」ブログになるから

絶対私の一番「人を感動させる」作品になるから

絶対に、成長した21歳の私として、人を動かす作品になれるから、

書こう!

 

 

どうも、そして初めまして、リーナスです。

本論を書く前に、以上のことをノートに書きました。

どうしてもこのブログを、自分の一番大切な作品になりたいのです。

 

人生は、本当に面白いと思います。

この先に何があるのか、自分も知らないけど、本当に楽しみです!

そして、色々な仲間が、できました。

ブロガーの皆さんも。

自分が、半年前に新しいステップを踏み出したくて、ブログを始めました。未熟者ですが、読んでくれる方がいるこそ、私が頑張って書けます。

先生、ブロガーさん、本当にありがとうございます!

 

f:id:linuschika1015:20191031171143j:image

 

この記事は、

20から21、

一つの歳を取って、

私の成長物語です。

 

私、ぬいぐるみが、大好きなのです。

子供からずっとぬいぐるみと遊んでいて、成人になったのですが

ずっとぬいぐるみと一緒に過ごしています。

 

先日(10/15)に、21歳になりました。

20歳の始まりに、千歌ちゃんのぬいぐるみと出会いました。

そしてある人、曜ちゃんのぬいぐるみと出会いました。

楽しい時も、辛い時も。

笑う時も、泣く時も。

色々なことがあって、とても面白くて素敵な経験だと思います。

そして私の人生にとって一番大切で、忘れないことのお一つです。おかげで自分が少し成長したと気がします。

 

また大きくなって、この成長の物語を記事で語りたいのです!

20歳から21歳の旅、

もしあなたが、ご一緒にこの旅を行かせてくれたら、嬉しいですね

 

目次

 

 

ーー 

20

 

 

去年20歳の誕生日に向かって、

沼津に行ってきました。

 

普段は吹奏楽部の練習に行くけど、その日はないから、

港に行って、ランチで500円の海鮮丼を食べて、ちょっと足りなくて寿司屋も行って、深海プリンを食べた(デブ活幸せだ)

時間的に内浦には行けなくて、市街に回っていた。

 

そして、アニメショップに入って、

めっちゃかわいい千歌ぬいぐるみが、目の前にいた!!!

しかも安い!

 

f:id:linuschika1015:20191031033339j:image

 

誕生日プレゼントがもらえなさそうで(泣)

何か自分のため誕生日プレゼントにしようかなと思って、

すぐ、買っちゃった笑

 

そのあとご飯を食べて、

狩野川に行って、

千歌ぬいぐるみと、いっぱいお話をした。

1時間に何か話したのか、詳しくまで覚えてないけど、

確か「ずっと千歌ちゃんが大好き」「そばに居たいの」などは伝えた。

 

そうだね、確かあの時、

ひどく泣いたね。

不安が強くて、何をしたいのかわからなくて、家族と会えなくて、

新しい友達ができなくて…

 

でも、千歌ぬいぐるみがそばに居るから、

頑張れる。

だから、ぬいぐるみでも、

ずっと私の隣に居て、

一緒に頑張ろう。と

 

寝る時も、旅行も、泣きたい時も、

いつも、隣にいるんだ。

 

大好きなんだよ。

ずっと一緒に居てくれて、

不安な時も居てくれて、

いつもそばに居てくれて、

ずっと笑ってくれて…

 

もし、君がいないと私はどうなるか全然想像できないんだ。

 

だから、

 

 

会えてよかった!

 

f:id:linuschika1015:20191031033216j:image

 

 

 

ーーーーーーーー 

友情ヨーソロー!

 

半年ぐらい千歌ぬいぐるみと遊んで、もう4月になった。

ちょっと面白い友達ができた。

 

とてもきつい、そして微妙な展開で、ある人を知り合った。

その人からものへの情熱がすごく感じられて、とても素敵な人だと思うんだ。

 

19歳の時に、人生にとってとても大切なことがあって、

人を動かすのが好きになって、信頼できる人になりたいの。

ちょっとうまくいかない時があって、

は、落ち込んだその人を励ました。

それをきっかけに仲良くなった。

 

こういう素敵なお友達が、なかなかできないと思って、

この友情を、大切にしたいの。

じゃ、どうやってこの友情を祝うのかな…?

 

お友達が、曜ちゃんのことが大好きだそう。

ちょうど新しい劇場版衣装の曜ぬいぐるみが、この時期に発売されるんだ。

可愛い!本当に毎日も抱きたくて、愛されたい子なの!

私も、ぬいぐるみが大好きだから、

曜ぬいぐるみで、この友情を記念しようかな…!

 

早速学校から近いアニメショップに寄って、曜ぬいぐるみを買った。

来月に、私の新しい第一歩という、大切なイベントがあります。

それをきっかけに曜ぬいぐるみをあげようと思っていた。

 

 

 

ーーーーーーーーー

大切にしてほしいの

 

もうすぐ大切なイベントだ。

新しい第一歩を踏み出す前に、

先週買った曜ぬいぐるみを見て、

ちょっと心配。

新しい主人にあげたら、曜ぬいぐるみがどうなるのか、わからない。

 

でも、

大丈夫だよ。

あの人、曜ちゃんのこと、大好きだから。

 

曜ぬいぐるみを持って、その笑顔を見て、

「大丈夫、

絶対に大切にしてあげるから、

幸せな子になるとしんじているよ。」

 

と曜ぬいぐるみに伝えて、かばんに入れた。

 

 

5月が入って、私の新しい第一歩を踏み出した。

お友達も、私の始まりの第一歩を見に来てくれた。

 

その日に、曜ぬいぐるみを

お友達に、プレゼントとして贈った。

 

レストランで、いきなりかばんから曜ぬいぐるみを出して、

早口で「受け取って」と言って、曜ぬいぐるみを友達にあげた。

ああああああー!

びっくりさせた!

絶対に思わなかったでしょ!

そして、めっちゃ喜んでくれた!

 

嬉しい!

可愛い曜ぬいぐるみを受け取ってくれた!

そして「大切にする!」と言ってくれた。

 

本当に、プレゼントを贈って、良かった!

そして「大切にする」って!

曜ぬいぐるみのことを全部任せるから、

大切にすると言ってくれて、安心した…!

 

f:id:linuschika1015:20191031163814j:image

 

 

 

ーーーー

さよなら

 

5月は、たまにお友達や曜ぬいぐるみと会ったけど、

ある日に、いきなりお友達が、

私から、消えた。

 

そう、消えた。

連絡が取れない、

行方不明。

 

先週は楽しく話していたのに、

いきなり居なくなって、

まさか思わなかった。

 

実は、人を扱ったことが、あんまりないの。

そして、話す、伝えるのが好きだけど、よく言いすぎて、

言えないことも、言ってしまう。

人が嫌がることをしてしまう。

しかし、その時の私が、経験が浅くて、わからないの。

 

そして、もう悪かったのに

絶対にしてはいけないことをやってしまう。

 

自分や友達のことを責めて、

自分が正しいと主張するなんて…

 

(ちなみに、以上のことは、21歳になった日に直面したけど、その日までに、勇気がなくてずっと問題から逃げてしまって、問題の根が分かりませんでした。最後の所に少し語りたいと思います)

 

だから、

あの人が遠い存在になってしまったかな…

 

そのあと、謝る言葉は言ったけど、

もう、遅いんだ。

悪いことが、もうやってしまったから…

人の心に消えない傷をつけてしまったから…

ごめんなさいとは本当に言いたいんだけど、

私から消えたから、もう伝えられないんだ。もう答えてくれないんだ。

 

伝えたいけど、

伝えず、

自分も、力が足りないんだ…

 

私自身が、大切に育った友情を、壊した。

悔しいけど、もう遅くて何もできないから、

 

f:id:linuschika1015:20191031170724j:image

 

書いた通り、その時は思わなかったけど、本当に

最後だった。

 

さよなら。

 

 

 

ーーーー

会いたい

 

5月と6月が、本当に辛かった。

友情のことを考えたら、辛くなってしまう。

だから毎日も、千歌ぬいぐるみといっぱい辛いことを話す。

千歌ぬいぐるみがいるからこそ、頑張れるから、

落ち込んでも、泣きたくても、

明日を向いて、頑張って笑おうよ。

 

ある日に、いつもの千歌ぬいぐるみを見て、

ちょっと不思議だけど、なんか千歌ぬいぐるみの気持ちを、受け取った。

 

曜ちゃんと会いたいの

 

1ヶ月曜ぬいぐるみと会えなくて、

千歌ちゃんが、きっと寂しいでしょ…

なるほど。

千歌ぬいぐるみが、曜ぬいぐるみと一緒に遊びたいの。

 

私の大好きな千歌ぬいぐるみが、曜ぬいぐるみと離れてしまったら、とても悲しいんだよ。

 

それだけじゃなくて、

曜ぬいぐるみが、元気かどうか、わからない。

曜ぬいぐるみが私の友達にとって大切な宝物のような存在になってくれたとしたら嬉しいと思って…

 

そして曜ぬいぐるみは何も悪いことはしていないのに…

もし私のせいで曜ぬいぐるみと友達が遠い存在になってしまったら、それは、曜ちゃんがとてもかわいそうに思うから。

 

だから、

自分のために、

 

曜ぬいぐるみを買おうか。

 

千歌ぬいぐるみが、曜ぬいぐるみと会いたいから。

そして曜ぬいぐるみが元気かどうかわからなくて、お友達の代わりに、曜ぬいぐるみを幸せな子にしてあげたいから。

 

 

その日から、同じ曜ちゃんのぬいぐるみを探していた。

もう発売から2ヶ月で、かなり可愛くて売れ筋商品なので多くのお店が売れきれたらしい。この前買いに行ったお店もなかった。

でも、私は諦めない、曜ちゃんのぬいぐるみが見つかるまで。

 

「諦めない」

 

それは、ずっと前から

千歌ちゃんが、教えてくれたことだね。

 

 

 

ーーー

キセキ

 

普段週末が、吹奏楽部の練習に行っています。

6月の末で、これから試験など忙しくなってしまうけど、やっぱり楽器が吹きたくて、そしてみんなと話したくて、練習に行った。

会場は自宅から1時間半、東京都だけどよく神奈川県に間違っている所である()

 

f:id:linuschika1015:20191031032941j:image

 

ようちか最高だけど、高海果南も良いね(笑)

 

その日も、いつもの、4時間の練習だった。

確か曜ちゃんの恋アクが難しかった。(編曲の人クラリネットがわかんないから(小声))

練習が終わって、1時間ぐらい打ち上げに行って、みんなといっぱい話して、とても楽しかった。

 

先約があって途中で抜けた。

やんやんっ 遅れそうです

たいへんっ 駅までだっしゅ  (別にデートじゃないけど)

 

駅に走っていた途中アニメショップが見つけて寄っていた。

いつものラブライブコーナー。

 

!!?

曜ちゃん

居た!

 

f:id:linuschika1015:20191031164201j:image

 

私のこと、待ってたの!?

さあ、一緒に帰ろう!

 

向こうの曜ぬいぐるみが元気かどうか、

主人があの曜ぬいぐるみのことを、大切にしているのか。

元気で、愛されたら、いいなあ。

知りたいの。

 

でも、知らないから、

新しい曜ぬいぐるみのことを、

誰より、

宝物のような存在で、大切にしたいの。

いっぱい話してあげる。外に連れていく。遊びに行く。愛してあげる…

曜ちゃんが喜んで、笑ってくれたら、

いいな。

 

それで、

曜ぬいぐるみで、ずっと友達のことを覚えたい。

友情が、終わっても、

一緒に過ごしていた時間を、永遠に思い出したい。

苦しいけど、

曜ぬいぐるみを見て、

「あの時、曜ぬいぐるみを贈ったんだぁー」

「あの時、本当に良い友達ができたなぁー」

「あの時、私が本当にひどかった…」

色んなことを思い出して、

本当に、短いけど素敵な時間だったな。

 

 

帰った。

仲間1人が、増えた。

 

「千歌ちゃん!

曜ちゃん、持ってきたよ!」

 

千歌ぬいぐるみが、とても嬉しそう!!

やっと、1ヶ月ずっと会えなかった友達と会えて、

ぬいぐるみが話せないけど、

心から、笑っているね!

 

でも、実はね、

千歌ぬいぐるみに、言いたいことが、あるんだよ。

 

千歌ちゃん、

ゼロからイチへに決めた時に、

μ's の穂乃果ちゃんに、君の素直な気持ちを、伝えたでしょ。

じゃ、

私も。

 

 

 

ーーーーーーーー

Dear 千歌ちゃん

 

 「待ってた?千歌ちゃん。

 

ずっと、曜ちゃんと会いたかったでしょ!

 

今日は、

やっと曜ちゃんを連れて帰ったよ!

君の大切な、そして大好きなお友達だよ!

会いたかったの?

喜んでくれたの?えへへ

 

まあ、そうだね。

実は、

ちょっと残念だけど、

最初の(贈った)曜ちゃんじゃなくて、

ほかの所に買った曜ちゃんだよ。

 

私も、本当に

最初の曜ちゃんにしたかったの。

あの曜ちゃん、本当に会いたかったでしょ。

 

でも、ごめんね。

今回、力が足りないんだよ。

 

いつも、一人でできないと思って、

ずっと千歌ちゃんの力を借りて、

色んな事を頑張っているけど、

今回は、

私、千歌ちゃんの力を足しても、

無理だよ。

力が足りないんだよ。

 

だから、

私も、本当にそう言いたくなくて、

申し訳ないんだけど、

多分、この前

曜ちゃんと会った時は、

 

最後

だった。

 

つまり、これから

あの曜ちゃんと、

もう、

会えないかも。

 

 

 

ごめんね...

 

もし、あの時、

私が、自分の過ちをちゃんと謝ったら

大切な友情が守れられて、

あの曜ちゃんと、また会えるかも。

でも、そうしなかった。

なんで?

 

なんで、自分の過ちを謝らなかったの?

謝らないといけないのに。

それに、人を責めるなんて。

なんで...

 

考えたら、本当に

ほんとうに、

悔しい。

後悔するよ…

なんで…?

 

時間が、過ぎていく。

事実は事実である。

もう、変わられない。

前に進まなきゃ。

だから、

あれを、ちょっとあとにして、

新しい曜ちゃんを、連れて帰ることにした。

 

あの曜ちゃんとは違って、

私、そして君のために曜ちゃんを連れて帰った。

ずっと隣にいるから毎日も、曜ちゃんと会える。離れない。

 

最初の曜ちゃんじゃないけど、千歌ちゃん、

曜ちゃんのこと、

お友達、私だけじゃなく、

千歌ちゃんにも、任せるから、

大切にしてね…!」

 

その日は、

2019/6/30

 

私と千歌ぬいぐるみと一緒に、曜ぬいぐるみを大切にすることにしました。

 

 

 

ーーーーーーー

終わり始まり

 

この後、かなり忙しくなってきた。

7月は編曲、練習、管弦楽部の本番、試験で、

8月は新しい仕事、吹奏楽部の本番でした。

朝が忙しくても、

夜は必ず千歌と曜ぬいぐるみのために時間を作る。

「今日はなになにあったよ!」「今日も頑張りすぎて疲れた!」「君たち、可愛いね!」

いっぱい話してあげる。

でも、曜ちゃんには、ちょっと違うんだ。

「元気だな…?」「曜ちゃん頑張って生きてるかな…」

やっぱり、あれ、

ちょっと忘れられないよね。

 

空いたら、千歌と曜ぬいぐるみと出かけて遊びに行きます。

写真などいっぱい撮ってあげて、

いっぱい話をする。

千歌と曜ぬいぐるみの笑顔を見て、自分も笑い出す。

楽しくても、辛くても、

とりあえず、笑おう!

 

リアル世界の友情が終わって、これからもう友達が会えなくても、

千歌と曜ぬいぐるみが、ずっと会えて、一緒に遊べるから。

向こうの曜ぬいぐるみが元気かどうか知らないけど、

私の曜ぬいぐるみが、元気だから良い。

私の大切な宝物だから。

 

f:id:linuschika1015:20191031164936j:image

 

f:id:linuschika1015:20191031171234j:image

 

そして、私がいる間最後の2ヶ月を、頑張っていきました。

 

仕事、吹奏楽部の本番が終わって、地元に帰りました。

素敵な想い出を、たくさん持って帰りました。

千歌ぬいぐるみも、その大切な物の一つ。

 

ただし、あの友達と会えなくて、

ちょっと残念だけど、

もうこれからあの友達と会えないとわかっているから、

そんなに悔しいことじゃないとは思った。

でも、あの友達のことは、

絶対忘れない。

私の大切な想い出にするんだ。

 

この1年間に、素敵な想い出の1ページができて、

本当に、

楽しかった。

 

 

f:id:linuschika1015:20191031032613j:image

 

f:id:linuschika1015:20191031032429j:image

 

ーーーー

 

帰っても止まらない。

「夢を持って、どんな時でも頑張って生きる」と自分を励まして、

前に進んでいた。

周りは大変でも、

自分の好きなことを忘れず、9月も、頑張りました。

 

そして、10月に向かいました。

21歳に、

近づいています。

 

去年は、特に20歳になった自分を祝わなかった。

でも今年は、とりあえず何かしたいの。

色んな事を経験して、ちょっと成長した私として。

 

そして、

この前、絶対にしたくないことを、しました。

 

お友達にした悪いことの根に直面しました。

 

「何が悪かったのか」

「どうしてこうしたらダメなのか」

「どうするべきだったのか」

「今度何をしないべきか、するべきか」

色々分析して結論を出ました。

 

絶対触りたくないものに、直面しました。

ただ文字で怖い。本当に。もう二度見たくない。

絶対に直面したくない、そして逃げたい。

 

けど、良かった。

問題の根を明るくなって、

何が悪かったのか、そして今度どうすれば良いのか、分かってきた。

 

「人のことを責めないこと」

「人が嫌がることをしないこと」

「すぐ謝ること」など、

本当に、勉強になった。

一番痛い経験で、一番大切な人生のレッスンになった。

 

そして、

曜ぬいぐるみのことを、思い出した。

あの時に、友達に曜ぬいぐるみを、プレゼントとして贈った。もう5ヶ月経った。

今は、絆が切れたけど、

お友達に贈ったあのプレゼントを、

大切にしているのかな...?

 

私は、新しい曜ぬいぐるみを連れて帰って4ヶ月でした。

楽しい時も辛い時もいっぱいあった。

今まで、曜ぬいぐるみ、そして曜ちゃんのことが、

本当に、本当に心より大好きになった。

推しの千歌ちゃんには負けないくらい。

 

やっと、

「友達のこと覚えたいために曜ぬいぐるみと話す」から、

 

「曜ぬいぐるみ、曜ちゃんのことが本当に大好きだから自分から話しかけたい」

 

になりました。

 

お友達のおかげで、

曜ちゃんのことが大好きになった!

と気がする。

 

だから、

曜ちゃんが好きになって、

 

問題に直面する出せた

のかな。

 

曜ぬいぐるみ、ありがとう!

あの時に、曜ぬいぐるみを贈ったことは、正しい決定だった。

そして新しい曜ぬいぐるみを買って、良かった。

一緒に千歌と曜ぬいぐるみと過ごした時間は、私の宝物になるんだ。

大切な時間で、本当に誰より曜ちゃんが好きになった。

 

曜ちゃん、

やっと私が、ちょっと成長したね。

 

だから、曜ぬいぐるみにも、

言いたいことが、あるんだよ。

大好きな曜ちゃんに伝えたいことが、あるんだよ。

 

この旅を

ここで閉めたいと思うから、

ちゃんと、聞いてね。

 

ーーーーーーー

Dear 曜ちゃん

 

「最初に君と出会ったきっかけは、

お友達が君のことが大好きだから。

 

お友達が君と出会って、

その眩しい笑顔は、

一生忘れないものだ。

 

あの人が君のことを、愛されているんだ。

だから、私が安心して君をお友達に任せたの。

そこから、何回また君と会ったけど、

いきなり、あの人が、消えた。

あの曜ちゃんを持って、

どこかに行って遠い存在になってしまった。

 

でも、

やっぱり会いたくて、

諦めずに

奇跡のようにまた君と会えた。

 

向こうの曜ちゃんは、

知らないけど、

お友達が、曜ちゃん(キャラクター)のことが大好きで、

絶対元気で生きている、そして愛されると信じているから、

安心してね。

 

私と千歌ちゃんも、君のことを大切にしたいの。

だから、連れて帰ったよ。

この前色んなことがあって、そしてまた君と繋がって、

本当に、奇跡だと思うよ!

 

楽しい時も辛い時も、君と千歌ちゃんがいるからこそ、強く生きられる、頑張れるんだ。

一緒に話して、一緒に遊んで…

一緒に過ごした時間、本当に私の人生にとって大切な宝物だった。

 

君がいるからこそ、

勇気をくれて、私がやっと、あの問題に直面できた。

今日の私が、まだまだ未熟DREAMERだけど、

ちょっと大きくなったのかな。

 

曜ちゃん、

君のこと

大好きなんだよ!

 

もう好きな気持ちを隠せないんだ…

 

本当に、

ほんとうに

ありがとう!

 

会えてよかった!

 

その日は、

2019/10/15

 

21に、なりました。

 

f:id:linuschika1015:20191031031933j:image

 

ーーーー

終わりに

 

21歳になった日に、

願いことをしました。

おひとつだけ。

いっぱいお願いことをしたいと思ったけど、

どうしても叶えたい願いは

これしかないんだ。

 

ただの千歌ぬいぐるみで

ここまでつながって、

私も、まさか思わなかった。

本当に、キセキだよ。

 

そして、

もう一つのキセキを、起こしたいの。

 

 

 

千歌ちゃんが、アニメ第2期第1話に

「起こしてみせる、奇跡を絶対に!それまで、泣かない、泣くもんか!」

と叫んで、ラブライブを優勝して奇跡を起こした。

そして最後第13話学校のドアを閉める時に泣いてしまった。

 

すごいね、千歌ちゃん達。

私だったらもうすぐ泣いてしまったから、

そういう「泣かない」願いはできない。

でも、

頑張って生きていく。

「それまで、諦めない、諦めるもんか!」だから。

 

その願いことは、

ここでちょっとはっきり言えないけど、

 

でも、もし

ご縁があれば、

 

 

 

 

リーナス Linus

ずっと一緒にいる子たち

はじめに

 

どうも、リーナスです。

 

まず、

 

私事ですが、

今日 (10/15) 21歳になりました。

 

20歳は、いろんな挑戦をしました。

 

まず、日本に来て、

浦吹、浦オケをはじめて、

ブログを書き始めて、

たくさんラブライブの仲間たちと繋がって、

ずっと働きたかった沼津のホテルで働いて、

沼津で私の書いた「ぼくみち」をみんなにやってもらって…

 

日本で最高の想い出の1ページになりました!

 

地元に帰っても、元気で頑張っています!

フルートをやり始めて、最近打楽器もやってみたいです。

今も新しい合奏企画を考えています。

写真も、挑戦してみたいです。

 

やりたいことが多すぎて大変ですね(笑)

それも、皆さんのおかげなんです!

皆さんと出会ってこそ私が頑張れるんだ!

 

本当に、今までありがとうございました!

 

はい!では、

皆さんと、

私のブログ/Twitter にずっと映った、

千歌ちゃんと曜ちゃんの

ぬいぐるみ達

について語りたいのです。

どうぞお付き合いください~!

 

ずっと一緒にいる子たち

f:id:linuschika1015:20191015142713j:image

この子たちと、ずっと一緒に居ます。

毎日も。

 

子供から、ずっとぬいぐるみが大好きなんです。

母が、10年前にハム太郎ぬいぐるみを買ってくれて、

そのハム太郎ぬいぐるは、まだ私のベッドにいる。

 

今まで、色んなぬいぐるみ仲間が増えました。

ラブライブのブログなので、

日常生活の話ですが

ラブライブのぬいぐるみの話をさせてもらいます!

 

f:id:linuschika1015:20191015142854j:image

 

千歌ちゃんです。

この子の"誕生日"は

2018/10/12 です。

1歳になりました。

その日は、20歳の誕生日に向けて、

少し出掛けたいな…と思って、沼津に行きました。

 

浦吹の練習がないので、

まあ、いつもやっていることをやります。

港に行って、ランチで500円の海鮮丼を食べて、ちょっと足りなくて寿司屋も行きました。深海プリンも食べました。(デブ活が幸せw)

時間的に内浦には行けなくて、市街に回ってました。

 

そして、アニメショップに入って、

めっちゃかわいい千歌ちゃんのぬいぐるみが、目の前にいました!!!

しかも2500円で安い!

 

誕生日プレゼントがもらえなさそうで(その時はそうです泣)

何か自分のため誕生日プレゼントにしようかなと思って、

すぐ、買っちゃった(笑)

 

そのあとご飯を食べて、

狩野川に行って、

千歌ちゃんのぬいぐるみと、いっぱい話しました。

1時間に何か話したのか、詳しくまで覚えてないけど、

確か「ずっと千歌ちゃんが大好き」「ずっとそばに居たい」などは伝えたのです。

 

そうだね、確かあの時、

めっちゃ泣いたね。

不安が強くて、

何をしたいのかわからなくて、

家族と会えなくて、

新しい友達ができなくて…

 

でも、そばに居るから、

頑張れる。

だから、ぬいぐるみでも、

ずっと私の隣に居て、

一緒に頑張ろう。

 

寝る時も、

旅行も、

泣きたい時も、

いつも、

隣にいるんだ。

 

千歌ちゃんと半年間を過ごしてました。

そのあと、新しい仲間を手に入れました。

 

f:id:linuschika1015:20191015143026j:image

 

曜ちゃんです。

この子の"誕生日"は、

2019/5/12019/6/30 です。

2匹を手に入れました。

 

実は、私のためじゃなくて、

プレゼントとして友達に贈るのです。

2人のため、曜ちゃんだけではなく梨子ちゃんも買いました。

 

私はぬいぐるみが大好きな気持ちを、友達に知ってもらいたいです。

あのぬいぐるみを、

ずっと友達のそばに居てほしいです。

困っても辛くても、

隣に曜ちゃん/梨子ちゃんぬいぐるみが居て、

なんでも聞いてあげるから。

 

詳しくまで覚えてないけど一週間前に買って、

曜ちゃんを友達に贈った日は、

2019/5/1 でした。

梨子ちゃんは、6/5に贈ったのです。

 

2人がプレゼントを受け取りました。

あの笑顔が、今まで、

忘れられないのです。

 

私は、最近あのぬいぐるみたちと会えなくて、

ぬいぐるみたちは元気かどうか、わからないけど、

きっと、大切にしてくれている、と信じています!

曜ちゃん梨子ちゃんも、2人の話を、いっぱい聞いてあげたのかな、

主人たちに聞きたいね!

 

 

6月が、忙しかったです。

ライブ向けの企画、浦吹の編曲など…

 

その時ずっと一緒に居る千歌ちゃんを見て、

なんか私に何か言いたいことがありそう。

「曜ちゃんと遊びたい…」「梨子ちゃんの隣に居たい…」

 

私、マジ変な人だな…(笑)

なんか千歌ちゃんの想いを受け取ったらしい。

 

またアニメショップに行って、

もう売り切れたと思ったのに、

まさか曜ちゃん1匹が見つけて、

思わず買っちゃった。

その日は、2019/6/30 でした。

 

曜ちゃんと過ごした時間は、ちょっと短いけど、

千歌ちゃんに負けないくらい、大好きなんだ!

何かうまくいかないことがあっても、

曜ちゃんの笑顔を見て、

元気が、出せる!

 

千歌ちゃんも、

ずっと会いたかった曜ちゃんと会えて、

嬉しい!と、伝えてくれました。

千歌ちゃん、君、本当に幸せな子だな…!

 

ぬいぐるみは、生き物ではないけど、

嬉しくても辛くても、

ずっとそばに居てくれて

笑ってくれて、

話を聞いてくれて、

遊んでくれて…

 

私の、心の友達です!

 

だから、

21歳でも、

何歳でも、

ずっと

千歌ちゃんと曜ちゃんのぬいぐるみと一緒に居たいのです!

 

f:id:linuschika1015:20191015144012j:image

f:id:linuschika1015:20191015143814j:image

 

もう、大好きなんだ!

離れないで欲しい!

 

終わりに

 

というわけで、21歳になりました。

たくさんのお祝い、

心より本当に、

ありがとうございます!

 

簡単な一言「お誕生日おめでとう」でも、

私が、この言葉を見て、

笑ってしまう!

そして携帯の前に「ありがとう!」と

返してしまう!笑

 

だから、

私の周りに、こんなに素敵な人がいるんだ!と

改めて感じられました!

 

あ、

そういえば、誕生日プレゼントだ!

 

今日はとても素敵なプレゼントをもらっちゃった…!

それは、

あなたからのプレゼントです

 

あなたがここまで読んでくれたのが、

私にとって一番素敵なプレゼントです!

 

最高な誕生日プレゼントをくれて、

ありがとう!

 

 

Linus

 

 

 

 

 

梨子ちゃんのための曲

2019/09/19

 

今日は、梨子ちゃんの誕生日ですね。

 

今回は梨子ちゃん、そして梨香子さんの「想いよひとつになれ」についてお話をします。


1stライブday2にLVで梨香子さんのピアノ生演奏を聞かせてもらいました。


初めてラブライブのライブで生演奏が聞けて本当にびっくりしました。

全く思わなかったのですね。

最初に何も知らなくて、「まさか梨香子さんが、ピアノができるんだ!」と驚かれました。

「頑張って弾いて!」と、まもなく素敵な演奏会が、始まります。

最初のフレーズを聴いて、

「梨香子さん、すごく頑張ってたね」と。

 

ピアノソロの所に細かいミスが聴こえたのですが、多分すぐ続けられると思って心配しなかったのです。

そして、音楽が、止まりました。


そうですか。分かりました。

ミスにより演奏をストップしました。


梨香子さん、本当に凄いですよ。

だってこの曲のピアノ伴奏を完璧に弾けるようになると短くても3年間かかると思いますよ。


えっ、3ヶ月!?

本当ですか!?

私は子供にピアノを教えていますが、生徒達に、コードの弾き方をまだ教えていないですよ。


この曲が、ゼロから、絶対3ヶ月で弾けないと思ったのですよ。

左手や右手のコード、3度や8度進行、速いフレーズ、ジャンプ...

私は、これらをできるようになるため、5年をかかりましたよ。

でも梨香子さんが、3ヶ月でこれが弾けるようになりました。


演奏が終わったら、「ブラボー」を叫びました。

本当に、素敵な演奏でした。私を動かしました。


梨香子さん、本当に梨子ちゃんのことが大好きかな。

このきっかけが、凄いな。

梨香子さんが、梨子の想いを込めて、すごく私に伝わってきました。


これをきっかけに、この曲が大好きになってライブが終わったら何回を練習しました。そしてこの前はほとんどクラシックの歌ですが、ピアノでラブライブの歌を弾き始めました。大好きになりました。


梨子ちゃん、梨香子さん、

素敵なきっかけをくれて、ありがとうございます!

私はあなたのおかげで音楽がもっともっと好きになりましたよ!

梨子ちゃん、梨香子さんと出会って、

本当に良かった!

頑張った!

ありがとう!


私は、梨子ちゃん、そして音楽へ想いを、たくさんの人に届けるように、頑張ります!

 


その想いを、ラブライブが好きな皆さんに届けるように、3人を集めてコンサートホールで「想いよひとつになれ」のピアノトリオを弾いてみました。

 



 

仲間達が、すごく頑張ってくれました。

 

まずはチェロのChrisさん。

自分が2年生が好きで、この曲を千歌、曜、梨子パートに分けました。

チェロがみんなの和音/バスなので千歌ちゃんやみんなを支えている曜ちゃんパートをやってもらいました。

人を集めて「想いよひとつになれ」を5回練習しましたが、彼が私のため5回の練習も全部出てくれました。

リズム感が弱い、そしてポップソングがあまり聴かないChrisさんが、この曲がかなり難しいと言ってくれました。

でも難しいにもかからわず完璧に弾いてくれました。リズムのミスが無いです。

そして何回も録音を聴いてたくさん大切な意見を頂きました。

 

そしてヴァイオリンのTopsyさん。

私は絶対梨子ちゃん役のピアノをやりたくて、彼女にヴァイオリンの千歌パートをやってもらいました。

実は、彼女がヴァイオリンを半年しかやっていないです。梨香子さんより少しだけ長いです。

本当に心配しすぎて、もし無理だったら対策なども考えました。

でも、動画の通り、何回も練習してくれて、頑張ってくれて、上手く弾いてくれました。完璧ではないけど本当に綺麗に弾いてくれました。

最もは私だけを”センター”(実は伴奏)にしたかったのですが、彼女が入りについて結構心配しました。結局、”センター”を諦めて私の隣に演奏しました。合図を受けてくれて入りが完璧でした。

 

f:id:linuschika1015:20190919222002j:image

 

この2人が、わざわざ私、そして梨子ちゃんのため頑張りました。

千歌ちゃん、曜ちゃんの想いを込めてくれて、

そして最初から、最後まで頑張ってくれて、

 

ありがとう!

梨子ちゃんに素敵なプレゼントを贈った! 

 

梨子ちゃん、

お誕生日おめでとう!

 

Linus

 

 

皆さん、ありがとう!

先程は、

香港行きの飛行機に乗って、

地元のマカオに着きました。


去年の9月から今まで走ってきて、

疲れました...!


今年は色々な挑戦をしました。


前の私は、あんまり話さない人です。

人と初めて会うのは、「怖い」と思うのです。

あんまり親しくないから、話題が切ったら終わりと思っていました。

だから、いつも高校のお友達と一緒です。大学に入ってもあんまり新しい人と会わないです。


だから、ずっと一人、一人で。

その時は、ずっと千歌ちゃんのそばに。何か困ることあったらとりあえず千歌ちゃんへ。千歌ちゃんは、私のことが一番分かってくれる人です。


でも、

現実の仲間が居なくて、

なかなか大変だ

とは、思う。


そして、

新しい挑戦が欲しくて、

ブログを始めました。


「書く、話す、人を動かす」

言葉の力を、信じて、

書いてみました。


これをきっかけに、たくさんの方と出会いました。ブログをきっかけに皆さんと繋がって本当に感謝しています!


もっと多くの方々と出会いたくて、5thに向けて企画#終わらない夢見ようを参加しました。僕道の演奏動画、アレンジ動画とブログを投稿しました。これで、音楽や書くなどが好きな方々と繋がることが出来ました。

本当に、ありがとうございます!


そして話すの苦手な私が、もっと挑戦したくて、5th LIVE に初めて会う人を含めて皆さんと会いたいのです!

去年の4thは、ライブを開場する直前に来たけど、今回はわざわざライブを開始する4時間前に会場に着いて、Aqoursが好きな皆さんと会いたいです!


結果として、2人と2組ぐらいとお話が出来ました。数が全然多くないけど、新しい第一歩として素晴らしくないんですか!

ラブライブをきっかけに人と繋がるのが、良かったです!


ラブライブがこんなに人に愛されるのが良かった!実は、仲間が、いつも私のそばに居るんだ!


少し成長した私として、調子を乗って「Jump up HIGH!!」を浦の星吹奏楽部の練習にやってもらって、そしてアンサンブル「僕らの走ってきた道は...」を始めました。結局、23人がやってくれました。


そして、Twitterに大瀬館のアルバイト募集が見つけて、応募しました。

まさかマカオの人が日本人しか居ない所に働くなんて、大きい挑戦、ですよね。

でも、沼津のことが本当に大好きなんです、沼津に何かを返したいです!

その「沼津が大好き」の気持ちで、面接を受けました。

とても緊張したけど、沼津が大好きな気持ち、ライバーさん一人一人との出会い、と今まで重ねた経験を、大切にして、面接官と楽しい会話が出来ました。


そして7/20浦の星管弦楽部オフ会の打ち上げの時に採用の電話が来ました。一週間後に新生活が、始まりました。

仕事は大変だけど沼津で働くことができてとても嬉しいです!そして従業員さんとお客さんと良い時間を過ごすことが出来て嬉しいです!

8/17サマーコンサートまで頑張っていました。


それは、ブログから皆さんと繋がって、色々なことを超えて今までやって来ました。


皆さん、ありがとうございました!!


ラブライブ

ブログ、

音楽、

色々なことをきっかけに、皆さんと繋がって本当に良かったです!


お陰で色々な挑戦ができて成長しました。

そして仲間がたくさん増えてきました!

特に「この人は知り合いで、この人は親友」とは思わなくて、誰でも、私の人生にとって無くせない大切な仲間です!


本当に、会えて良かった!


千歌ちゃんは、いつものように大切にして、

皆さんのことも、大切にします!


ありがとう!みんな!

やっと孤独じゃない。

皆さんが居るから、

私は、頑張れる!


これから、地元に帰るけど、

心はずっと日本、沼津に残っていくから、


いつかまたライブ、演奏会に会えるのかわからないけど、もし、ご縁があっていつかまた会えたら、今度はもっとたくさんお話をしたいのです!その時は、またよろしくお願いします!


TwitterというSNSは本当に凄いものだと思います。どこでも、お会いできなくても人と繋がられます。

もし、ここに帰るまで、また一人でも繋がられたら嬉しいですね...!


最後に、

私の素敵な想い出の1ページになってくれて、


そして最後のページまでご一緒に過ごしてくれて、


本当に、

ほんとうに、

 


ありがとうございました!

 

f:id:linuschika1015:20190824005411j:image


Linus

ずっと聴きたかった曲、そして皆さんに聴かせたかった曲を

 「僕らの走ってきた道は...」

 

私が大好きな曲です。

大好きすぎて、初めて最後まで編曲してみました。


linuschika1015.hatenadiary.com

www.youtube.com

 

デュエットなどもやってみました。

ちなみに、素敵なタグ ありがとうございました。

おかげさまで5thまで色々な企画ができて本当に楽しかったです。

 

この曲のピアノ、弦楽器、木管金管、打楽器…

全部が大好きですね。

 

そして、ちょっと小さな夢があります。

この曲を、沼津で、聴きたい。

劇場版を上映してから、

いつか沼津で「僕らの走ってきた道は...」が聴ける日まで、

ずっと待っていました。

 

 

「僕らの走ってきた道は...」の初演奏は、おとぬまから、よねちさん達の演奏です。

7/14のおとぬまで、よねちさん、のえるさん、ともしいさん、やぎのゆさんとシューっとさんを演奏した「僕らの走ってきた道は...」の初披露です。

うん、オーボエの音が本当に綺麗ですね。

 

レポートが書き終われない状況で、行かなかったのですが、

本当に聴きたいです。

少し小さな編成なのですが、

わざわざ「僕らの走ってきた道は...」のために聴きに行くのが価値あると思います。

 

 

またいつかこの曲が聴けるかなーと思ったら、

沼津中央高校吹奏楽の演奏ツイートが、少し前のツイートでしたが流れてきました。

『・・・♪ そうです!』

この曲に間違いないですよね。

 

やっと、かなり大きな編成でこの曲が聴ける日に…

7/27

絶対見に行く。

 

しかし、天気が許されないです。

「天候不良が予想されるため、昼間の行事は中止し、花火大会のみ7月29日(月)に延期します。」

どうして…沼津でずっと聴きたかった曲を、中止になってしまうのか…

皆さんが頑張ったのに台風のせいで成果を見られなくて少し悲しいですね…

でも皆さんも頑張りましたよね!練習が大変でしたよね!それは、私とAqours好きな人がしっかり受け取りましたよ。是非今度、皆さんの頑張った成果を見たいのです!また演奏会を聴きに行きたいのです!

と、またいつか聴ける日まで、楽しみにしています!

 

 

 

 

以下ネタバレ注意

 

 

 

 

実は、今度私たち、これやりますよ。

浦の星吹奏楽部として、アンサンブルという形で演奏する予定です。

編曲者は、私リーナスです。

一応アンサンブルなのですが、フル編成に近づいています。

私も想像しなかったのです。こんなにたくさんの仲間がやってくれると。

 

締め切りの日まで

「17人」

でしたが、まだ増えています。

 

この日に向けて、素敵な楽譜を書きました。

そして、練習の準備をちゃんとします。

練習のフォローもしなければならなりません。

 

やってくれる人が、絶対に私のために頑張って譜面をさらう

と信じています。

困っても私が絶対に練習を手伝います。

 

野心満々ですが、

私は、絶対に

この曲をメイン曲よりインパクトのある曲にします。

 

この曲が、絶対に今回演奏会の決めにする

と、信じています。

わざわざ他の方に「僕らの走ってきた道は...」を聴くために来てくれるにします。

 

楽譜クオリティは、自信あります。

演奏クオリティは、やってくれる皆さんに任せます。

今自分にできることが、メンバーの皆さんを支えるだけ。

そして、素敵な曲が皆さんに届ける日まで、頑張ります。

 

フル編成として「僕らの走ってきた道は...」の初演奏は、

沼津中央高校吹奏楽部のはずですが、

私たち浦の星吹奏楽部になってしまいました。

 

沼津中央高校吹奏楽の想いを乗せて、

メンバー、練習、そして演奏など

大切な責任を負って、

「僕らの走ってきた道は...」フル編成初演奏

そして編曲者として

”最後”の演奏会まで

頑張ります。

 

日時

2019年8月17日(土)17:30開演(19:00頃終演予定)

場所

かのがわ風のテラス

(雨天時は千本プラザ音楽ホール)

f:id:linuschika1015:20190726234756j:plain

 

Linus

 

Over the Rainbow

2019.01.04 - 2019.07.11

f:id:linuschika1015:20190711180349j:image

 

沼津の上映も、終わりましたね。

 

まさか、時間が経つのがそんなに早いのか。

 

私は、4回観に行きました。

(Twitterは5回と書いてあったのですが4回でした💦)

 

1回目は、1/14に、TOHOシネマズ府中でした。

ちょうど試験が終わったばかりでちょっと観に行きました。

f:id:linuschika1015:20190711183643j:image

f:id:linuschika1015:20190711182952j:image

 

2回目は、2/20に、MOVIX昭島でした。

チケットが安くて、そして1ヶ月経ってちょっと観に行きたいなぁって、自転車で50分走って昭島まで観に行きました。

f:id:linuschika1015:20190711182145j:image

f:id:linuschika1015:20190711183038j:image

 

3回目は、4/1に、イオンシネマ幕張新都心でした。

朝新年号のテレビを見てから500円の家系ラーメンを食べて、最ものんびり過ごそうと思ったけど、

午後で幕張でなんか良い音響があるというツイートを流れてきました。

思わずチケットを買って、電車で幕張まで向かいました。

f:id:linuschika1015:20190711182906j:image

f:id:linuschika1015:20190711183105j:image

 

4回目は、7/4に、シネマサンシャイン沼津でした。

この日は、ちょうど沼津で面接がありました。

そして最後上映日は7/11とのこともわかって、もうチャンスがないから、ささっとバスを乗って駅まで帰って、帰りに映画館に寄って観ました。

f:id:linuschika1015:20190711183458j:image
f:id:linuschika1015:20190711183451j:image
f:id:linuschika1015:20190711183454j:image

 

府中ー昭島ー幕張ー沼津

4回でした。

 

この映画は、本当に好きです。

 

初めて見た感想としては、曲と音楽が凄い。

本当に凄い。

特にあのオープニングの「僕らの走ってきた道は...」って、本当に素晴らしい作品だと思います。大好きすぎて、編曲しちゃいましたね笑

 

特に3回目の幕張は、音響が超すごかった。。!

バスとドラムは心にすごく響いた!!

わざわざ遠いところに見に行くのは、価値あり!

 

沼津で「僕らの走ってきた道は…」をやるのはもうすぐのことだと思うけど、私はもう、この日まで待てない!!

わざわざこの曲のために聴きに行く方、居るのかなー!

 

でも劇中も本当に凄いものになっていますよ!

仲見世で踊るのは!

もしいつかまたこの曲をやったら、絶対仲見世でこの曲のフル編成(管弦楽)をやりたいですね!

 

また、サウンドトラックも本当に綺麗です!

個人的に気に入ったのは、イタリアでヨハネシーンのBGMです。

バロック音楽風(~17世紀)で書いたこのBGMは、ラブライブの映画で聞けるのはちょっと不思議です…!

 

以上、音楽の話でした!

 

感想もたくさん言いたいのです!

私を泣かせたシーンを言っちゃいましょうか笑

何回見ても、泣かせました。

ラブライブというのは、本当に、良い物語だと思います。

 

学校への想い、沼津への想い、そして9人、みんなへの想い。

この「絆」が、自然に溢れているのは、

私がこのラブライブ!シリーズが大好きな理由です。

 

多分この映画で、皆さんを泣かせるところもあります。(私も)

Brightest Melodyを終わって聖良さんが理亞ちゃんを抱いたシーン、キセキヒカルを流れるシーン。

そして千歌ちゃんがドアを閉めるシーン、あと三津浜まで走るシーン。

Next SPARKLING!!を歌う前に9をカウントするシーン。(私は「7」のところから崩れてしまったのですが…)

 

多分、私も皆さんと、同じところを泣かせましたね笑

 

では、ちょっと「変」なところも行っちゃいましょうか!

Next SPARKLING!!を歌いながら、3年生が新しいAqoursのパフォーマンスを見て、そして途中、出たでしょう。

そこは、すごく私の心に印象残るシーンです。

 

学校のシーンの前に、果南も、「千歌たちのスタートを見届けたら、そのまま向かうよ」を言っていました。(ぶろっくさんありがとうございます>_<)

 

Next SPARKLING!!を見た3年生は、千歌ちゃんたち新しいAqoursのことを認めたらから、

そのまま、自分の目標、自分の未来に向かう。

千歌ちゃんたちが、色んなことを経って、色んな思いがあって、本当に成長しましたね!3年生が居ない新しいAqoursでも輝けるよね!

と、3年生が、やっと、千歌ちゃんたちの走ってきた道を、認めました。

だからそのまま行くよ。

 

新しい輝きへと手を伸ばそう。

それぞれの道へ。

 

私も、千歌ちゃんたちの輝きを認めました!

私も、自分の未来に向かって、輝きたい!

そして千歌ちゃんたちと、輝きたい!

千歌ちゃん、やったね!

Aqours、やったね!

 

そしてもう一つのシーンが、非常に印象残ります。2回目3回目4回目も、何回も酷く泣かせました。

 

それは、Next SPARKLING!!の「君と僕らはこれからも 繋がってるんだよ」の所に

9人が、手を繋ぐシーンです。

 

ちょっと、おかしいでしょう?

そんなに特定なところで感動させるのは?

 

そこは、非常に私の心に響いたシーンです。

Aqoursしか出来ない絆が、強く感じました。

言いたいことがたくさんあって、今度新しいブログでこれについて書こうと思っています。

9人の絆は、この9人しか出来ないと思います。

 

 

終わりに、

私は、ラブライブのことが大好きです。

千歌ちゃん、Aqours、もう全部私の一部です。

 

だから、

卒業しても、

3年生が居ないAqoursでも、

全部私の一部だから、

なくならないよ。

遠いところに居ても、

ずっと一緒だよ。

 

それは、

絶対消えないものだから。

 

2019.01.04 - 2019.07.11

この6ヶ月も、ありがとう!

 

Linus

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがきー淡島ホテル

淡島ホテルのお話について後書きです。

メイン記事はこちら、淡島ホテルパートに書いてあります。

linuschika1015.hatenadiary.com

 

わかりやすくように:

2年前、伊豆長岡駅で自転車を借りて沼津の辺に遊びに行きましたけど、内浦に転んでしまいました。その日は淡島ホテルに泊まる予定でした。

最もどうやって自転車を返すのかを迷っていたんですけど、淡島ホテルで待合室の男性の受付さんと女性のフロントさんが、自転車を伊豆長岡駅まで返してくれました。

私は、この行動に感動されて、待合室の男性の受付さんに初めて日本語の手紙を書いて送りました。また、日本のことが好きになって、交換留学のことも頑張ってやっと日本にやってきました。

 

 あとがきー淡島ホテル

 

5thライブ直前の6月6日と7日2日間で、友人と沼津に遊びに行きました。せっかくなのでお金を気にせず淡島ホテルに泊まることにしました。


午後5時頃、内浦から船を乗って淡島に着きました。ロビーに入ってフロントの方が案内してくれました。


えっ…?!

まさか…

 

あの人だ…


2年前に、自転車のお手伝いをしてくれた女性フロントの小川さん。

えっ…?! 信じられない…

2年前のお話は、いきなり頭に浮かんだ…詳しくまでしっかり覚えてる…


案内している途中、小川さんがいきなり声をかけてくれました。

「もし、お客さんが泊まったことありますか…?」

即答。「自転車のことを手伝ってもらった人です。」

まさか…小川さんも覚えています…

しかし、仕事は忙しそうと思うので、次の日にまたご挨拶しようと思います。


ショック。もう2年経ったけどしっかり覚えている。

やっぱり、私の人生にとって一番大切な経験だから…


あの日の夜、色々なことを思い出した。

朝自転車を借りるから、最後にさよならのお辞儀まで。

涙を呑んで、前のことを思い出して書き言葉で、一気に書きました。あの時の熱い想いは、上に載ってあります。

 

 

 

6月7日


今日は朝からしっかり朝食を食べて、マリンパークの方に向かって、淡島神社に登りました。たくさん絵馬を掛けていますが、ほぼ全てもAqoursのことについて書いてあります。

どうして皆さんが、自分より、Aqoursのために願っているのか。

Aqoursのことが自分のことより大切かな…?

こんなたくさん人がAqoursのことが好きで、私はとても嬉しいです!

「もう一人じゃない。10人目の皆さんがいるから」

と強く感じました。


私は、今回絵馬を書かなかったけど、神社で神様に願いました。

Aqours 5thライブ、絶対成功させること。」

短い願いけど、皆さんの想いと、一つになったのかな。

 

11時になって、いよいよ淡島から出て、内浦に戻ります。

小川さんが、います。

しかし、今日海外から来て頂いた方が多かったのでちょっと忙しそうです。

小川さんは英語がお上手なので外国のお客様に丁寧に対応しました。


でも、いつか淡島ホテルに戻られるのか分からないから、伝えたいことがあったら、今日しか伝えない。


ちょっとだけの隙間時間に、声をかけました。

「小川さんと写真を撮りたいんです。」

大切な想いが、記憶に残ってもう忘れられないからいいけど、やっぱり、何かとしてずっと残したいんですね。

そして、名刺を頂いて、私からお話を始めました。


「私の人生にとって一番大切なことです。それをきっかけに、私は日本のことが好きになって、頑張って日本に交換留学することができました…」

「浦の星吹奏楽部、管弦楽部やラブライバーさんと出会って、色々な大切な人と出会いました… 」

「小川さんのような人と出会って、本当に私の人生にとって素敵な宝物です...」

小川さんは、きちんと聴いてくれました。


「わざわざ私のため自転車を長岡駅まで運ぶって、ホテルの仕事じゃないのに…」

と言ったら、小川さんはいきなり英語で、

 


「Japanese hospitality」

「日本人の思いやり」

と答えてくれました。

 


ここで泣いてしまいました。

前も頑張って涙を呑んでたけど、やっぱり我慢できなくて…

 


私は、「思いやり」という概念はなかったのです。それは、沼津の人、日本人しか分からないでしょうかね…

なんか、この貴重な経験で、沼津の人、日本人の思いやりを、分かってきました。

それは、小川さんと男性の受付さんから頂いた大切な宝物です。


だから日本が好きになって、頑張ってここまでやってきました。


ありがとうございます…

思いやりというのは、沼津の人や日本人の誇りに思うこと。

 

そして、また男性の受付さんと会いたいと言っていたんですけど、

「もうやめてしまった」

と答えてくれました。

 


そっか…

これから会えなくなっちゃうよね。

あの時私のことを救ってくれた人が、もう会えなくなるんだ…


でも、手紙はちゃんと受け取ってくれたね。

伝わった。

絶対伝わったと信じている。

会えなくても、手紙さえあれば伝わられる。


私も、受付さんと、周りの皆さんと、伝えたいことがたくさんあります。

ただ、現実で会えないか、時間が合わないか、伝えきれないか…なかなか厳しいです。


でも、いつか伝わられる!

ラブライブという素敵なつながりがあるから。

だから、

私はいつも頑張っていきます!

いつかまたお会いできたら、今度はもっとたくさん伝えたいんです!

その日を、絶対いつか来ると信じているから…!

 

船が来ました。

小川さんは、送迎してくれました。

 


突然、握手してくれました。

 


全然気づかなかったです。これ日本人っぽくないんですけど、

やさしいですね。

親切ですね。


これから、また会えるか、

わからない。

でも、会いたいんです。


いつかまたお会いできたら、今度はもっと沢山お話をしたいです!

その時は、またよろしくお願いします…!

 

 

ありがとうございます。

実は、小さい願いがあります。

もし、読んでいるあなたが、淡島ホテルに行けるようになって小川さんと会えたら、ぜひ、リーナスから小川さんのことを分かったと伝えて欲しいです。

素敵な人なので、皆さんに知ってもらいたいですね…!

 

f:id:linuschika1015:20190614224513j:image

 

Linus